入会案内
ロータリークラブとは
1905年、アメリカ・シカゴに最初のクラブが誕生。メンバーはクラブにおいて1業種1人が原則であったが、現在その縛りは緩められている。輪番・回転にちなみ、6本スポークの歯車がシンボルマーク(エンブレム)である。「国際ロータリー」は世界初の奉仕クラブ団体であり、200以上の国と地域にある。
職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際 親善を目的とする。基本的には「I serve:私は奉仕する」、クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」であり、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされているが、個人のみならずクラブ単位や国際ロータリーとしての奉仕プログラムも行なわれている。ロータリークラブ活動の特色として、各クラブごとに、独自の事務局を持ち自主独立運営が行なわれ、奉仕活動、寄付行為、会員の交流、友好事業等がなされている。
行動基準
会員の行動基準として「四つのテスト」がある。

四つのテスト “The Four – Way Test”

言行はこれに照らしてから “Of the things we think, say or do”
1.真実かどうか “Is it TRUTH”
2.みんなに公平か “Is it FAIR to all concerned”
3.好意と友情を深めるか “Will it build GOODWILL and BETTERFRIENDSHIPS?”
4.みんなのためになるかどうか “Will it be BENEFICIAL to all concerned?”
ロータリーの理念
ロータリーは人道的な奉仕を行い、すべての職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、世界においては、親善と平和の確立に寄与することを指向した、事業及び専門職務に携わる指導者が世界的に連携した団体である。
綱領・標語
ロータリーの綱領(1910年~1911年)
ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の事項を鼓吹育成することにある。

第1 奉仕の機会として知り合いを広めること。
第2 実業および専門職業の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な職業は尊重されるべきであるという認識を深めること。そしてロータリアン各自が業務を通じて社会に奉仕するためにその業務を品位あらしめること。
第3 ロータリアンのすべてがその個人生活、職業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。
第4 奉仕の理想に結ばれた実業人と専門職業人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。
(定款 ・ 細則)
ロータリークラブの目的は、個人ロータリアンによる「ロータリーの綱領」の推進にあるから、これをもっとも効果的かつ能率的に行わしめるために、クラブ定款およびクラブ細則が定められている。
各クラブは、自治権が認められ、その主体性を発揮するよう求められている。
ロータリーの発想
1923年セントルイス大会で決議
①最もよく奉仕するもの、最も多く報いられる
②超我の奉仕
国際ロータリー・地区
国際ロータリー
①R.I.(ROTARY INTERNATIONAL)
・世界のロータリークラブの連合体。
・中央事務局は米国イリノイ州ヱバンストンにある。
・事務局は日本など8カ国にある。
②R.I.会長(ROTARY INTERNATIONAL PRESIDENT)
・R.I.理事会の議長。
・会長ヱレクト・会長と2年間 R.I.理事会メンバー。
・R.I.会長は2年以上連続して同一国から選出できない。
③R.I.のテーマ(ROTARY INTERNATIONAL THEME)
・R.I.会長から毎年発表。
・ロータリー年度を通じて奉仕の実践に重要。
④R.C(ROTARY CLUB)
・RC定款・細則に従って運営される。
・各RCはR.I.のメンバーである。
・各RCの会員はクラブのメンバーだが直接R.I.メンバーではない。
国際ロータリーの地域
①国際ロータリーは34ゾーンに分割し、1ゾーン当たり会員数は3万5千人である。
②日本は第1ゾーンから第3ゾーンの3分区とされている。
③豊橋東RCは第2ゾーンの中の第2760地区(愛知県)に属している。
豊橋東ロータリークラブの歩み
創立
創立年月日
1996(平成8)年01月24日
R.I.加盟認証年月日
1996(平成8)年02月06日
チャーターナイト
1996(平成8)年04月08日
チャーターメンバー
30名
スポンサークラブ
豊橋南ロータリークラブ
特別代表
故 中村 英彦
例会日・時間
毎週水曜日 12:30~13:30
例会場
ホテル アーククリッシュ豊橋
事務局
豊橋商工会議所内
年会費
250,000円 記念事業積立金 10,000 円
入会金
100,000円
創立総会 特別代表のご挨拶より
ハーバード・G・ブラウン国際ロータリー会長のもと、第2760地区内の会員拡大の決意を固 めた石川和昌ガバナー・ノミニーからお話を承ったとき、私はガバナーの責任感に心をうたれました。せっかく新クラブを創立するのに、入会した会員にとってこのクラブに入会して良かったと感じてもらえるようなものでなければ意味はありません。特別代表の肩書きを改めて重いもの に感じました。紆余曲折はありましたが、石川和昌ガバナー、スポンサークラブ会長をはじめとする会員の面々、そしてロータリーの精神を理解する周辺の方々の好意と友情がこの事業を完結 させてくれました。ここに豊橋南ロータリークラブを親クラブとし、地区内74番目のクラブとして誕生した訳です。国際ロータリー加盟の認証が得られたときは感無量でした。豊橋南クラブ より移籍された22名の会員と新たに加わった8名の奉仕の理想に燃えた素晴らしいロータリアンがこれを機に一致協力し、鈴木薫初代会長、小林佳雄幹事を筆頭に親睦と友情の輪を広げ、 地域社会に密着した奉仕をされますようお願い申し上げます。そして、世のため、人のために尽くし、躍動感に溢れた若々しく実行力あるクラブに成長し、国際ロータリーの一員としての責務 を果たされますようご期待申し上げています。立派なメンバーの揃った新クラブの発展を心から祈っています。

特別代表 中村 英彦
創立精神
青少年を対象として、教育・スポーツ活動を通して国際交流をはかり、世界平和に貢献する。
例会出席・出席規定・メークアップ
例会出席と出席規定
毎週開かれる例会に出席することは、最小限の奉仕である。
◆欠席によって会員身分が終結する場合
①連続4回ホームクラブ例会に出席せず、またメークアップもしていない場合。
②年度の各半期間(年度の前半、または後半の6ヵ月間)において、メーク アップを含むクラブ例会出席率が60%に達しない場合。
③所属クラブ(ホームクラブ)への出席が年度の各半期間に開かれた所属クラブの例会総数の内、少なくとも30%に出席していない場合。
以上にあてはまる場合、理事会が正当かつ十分な理由があると認めない限り、 会員身分を終結することがあるものとされている。
例会欠席とメークアップ
①例会に充当された時間の少なくとも60%(通常36分)に出席しないと欠席とみなす。
②メークアップによる補填方法
欠席例会日の前後2週間以内に他クラブの例会に出席すること(メークアップをすること)。また、ビジターカードまたは出席報告カードに何日分のメークアップか記入すること。
2週間前の木曜日から
欠席例会日(水曜日)
2週間後の火曜日まで
水曜日(ホームクラブ例会日)に豊橋市内の他クラブでメークアップをすることは認められていない。(メークアップ当日がホームクラブの例会変更日である場合は認められる。)但し、地区ガバナーが召集する会合に出席する場合は、ホームクラブ出席扱いとすることができる。
③メークアップの通知について
訪問先のクラブからビジターカード(例会出席通知)が事務局宛に届く。自分でカードを持ち帰り提出しなければならないクラブもあるので注意すること。メークアップの通知がされているかどうか出席表で確認のこと。
長期欠席の場合
①入院・療養などの理由で長期欠席の場合は、診断書を添えて文書で理事会へ提出する。
②その他長期欠席せざるを得ない場合は、その理由を明記して文書で理事会へ提出する。
ロータリー財団について
公益財団法人ロータリー日本財団は、ロータリーの奉仕の理念に基づき、人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることを目的としています、公益財 団法人ロータリー日本財団は、国際ロータリーのロータリー財団の協力財団です。

ロータリー財団は、皆様からのご寄付を、世界中の人々への奉仕に役立てています。
時間と資金、そして職業人としての経験と知識を生かして奉仕活動をするロータリアンの世界的ネットワークを通じて、ご寄付は、ポリオの撲滅や平和の推進といったロータリーの優先活動のために有効に活用されています。また財団の補助金は、ロータリアンが貧困、識字、飢餓などの問題に持続可能な方法で取り組むことを可能とします。

徹底した資金管理、慈善団体として高い評価、独自の資金モデルは、ロータリー財団が皆さまのご寄付を大切にしていることを物語っています。今、そして 未来の世代のためにより良い世界をつくるロータリーの活動をご支援ください。
補助金を活用した奉仕活動(東日本大震災復興支援・仮設住宅訪問・気仙沼市)
米山記念奨学会
ロータリー米山記念奨学会は、勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリアン(ロータリークラブ会員)の寄付金を 財源として、奨学金を支給し支援する民間の奨学団体です。
ロータリー米山記念奨学会は、将来母国と日本との懸け橋となって国際社会で 活躍する優秀な留学生を奨学することを目的としています。優秀とは「(1)学業」に対する熱意や優秀性はもちろんのこと、「(2)異文化 理解(3)コミュニケーション能力」への意欲や能力に優れている点が含まれます。
ロータリー米山奨学生は、ロータリークラブを通して日本の文化、習慣などに 触れ、社会参加と社会貢献の意識を育て、将来ロータリーの理想とする国際平 和の創造と維持に貢献する人となることが期待されます。
創立と制度
1953年(昭和28年)東京RCが初代会長の米山梅吉氏の功績を記念して創立。
主としてアジア地域のロータリーの所属する国または地域から日本に来ている留学生に奨学金を支給したり、世話クラブおよびカウンセラー制度を設けて援助する制度。
制度の種類
①累計10万円払い込みにて「米山功労者」となる。
②初回米山功労者以降も、10万円毎に表彰される。第2-9回を「マルチ プル」、第10回以上を「メジャードナー」と呼ぶ。
③別に特別功労法人と功労法人制度がある。
米山記念奨学会への寄付はいつが良いか、また寄付の方法
①ロータリー入会時期の深浅はないので遠慮はいらない。
②何か身内に慶事があったとき。
③寄付の時期は、米山記念奨学会委員会がPRする時期に申し込む方法もある。